カーシェアリング市場動向(2019年第二四半期:主要6社)

主要6社合計車両台数は33,000台を突破!
合計ステーション数は17,000箇所目前!

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」( http://www.carsharing360.com ) カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要6社)によると、2019年第二四半期(2019年4月〜6月)のステーション数は2019年3月末に比べ4.1%増加、車両台数は6.0%増加していることがわかった。

2019年第一四半期(対2018年第四四半期 ステーション数:2.8%増、同車両台数:1.9%増)ではステーション数・車両台数ともに伸び率が減少傾向となっていたが、今期は伸び率が増加する結果となった。

主要6社における合計ステーション数は16,828箇所となり、17,000箇所を目前となった。車両台数も33,226台となり、33,000台を超えた。事業者別に見ると、変わらずタイムズカーシェアの独走が続いており、今期は前期(404台増加)を大きく上回る1,517台の増加となった。
また、第2位のカレコ・カーシェアリングクラブは、車両台数で前期72台の増加であったが、今期は287台増加とこちらも前期を大きく上回った。ステーション数は133箇所増加し、2,241箇所となった。
第3位のオリックスカーシェアは今期の車両台数72台増やし、2.4%の増加率を見せている。
今期もステーション数、車両台数ともに順調に数を増やしたタイムズカーシェアとカレコ・カーシェアリングクラブを中心にステーション拡大基調は、まだまだ続くものと思われる。

その他の話題としては、DeNA SOMPO Mobilityが5月に新カーシェアサービス「0円マイカー」を開始することを発表し、名称を「Anyca Officialシェアカー」と改めて8月からサービスを開始した。またタイムズカーシェアは、JR四国と駅レンタカー四国と連携し、4月25日から四国地区で鉄道利用とカーシェアリングを組み合わせた「レール&カーシェア」事業を3社で開始した。カレコ・カーシェアリングクラブは今期も新車種の導入に積極的で、4月にスズキの人気車種「ジムニー」とボルボの「V60」と「XC90」の導入を開始した。他にも、日産自動車は若年層の運転機会を創出するために、生活協同組合連合会大学生協事業連合と連携し、カーシェアリングサービス「eシェアモビ」のサービスを拡充した。今四半期はDeNA SOMPO Mobilityの新カーシェアサービスの話題が目立ったが、新たなサービス形態のカーシェアリングが誕生したことにより、さらに利用しやすい環境になると予測されるカーシェアリング。2019年第三四半期も、カーシェアリング市場動向からますます目が離せない。

主要6社のステーション数、車両台数の推移は以下の通り。

1) サービス提供会社別 ステーション数推移(主要6社 2019.4〜6)

2) サービス提供会社別 車両台数推移(主要6社 2019.4〜6)

3) 都道府県別 ステーション数推移(主要6社 2019.4〜6)

4) 都道府県別 車両台数推移(主要6社 2019.4〜6)

<2019年第二四半期 主要トピックスまとめ>

DeNA SOMPO Mobilityの新カーシェアサービス「Anyca Officialシェアカー」が始動。
まずは都内15台でスタート。

DeNA SOMPO Mobility(以下、DSM)は5月に、オーナーが一定回数無料で利用できる新たなカーシェアリングサービス「0円マイカー」の事業を始動することを発表した。そして、8月にサービス名称を「0円マイカー」から「Anyca Officialシェアカー」と改め、都内でサービスを開始した。
新サービス「Anyca Officialシェアカー」はDSMが用意したカーシェア車両を、オーナーが自らの駐車場で管理し、この車両を一般ユーザーが無人で借り受けるというサービスだ。オーナー側には駐車場相当額と利用料の一部をポイントとして還元し、オーナーはこのポイントの範囲内で、車両を無償で利用できる。
8月のサービス立ち上げ時点では15台を配備したが、車両の用意などができ次第、都内9区(港区、江東区、渋谷区、世田谷区、中央区、品川区、目黒区、新宿区、中野区の主要エリア)で40台体制に拡大する計画とのこと。DSMは今後ユーザーの反応を確認しながら、対象エリアの拡大なども検討していく考えだ。

タイムズカーシェアがJR四国と駅レンタカー四国と連携。
四国地区で「レール&カーシェア」事業を3社で開始。

カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を運営するタイムズ24は、四国旅客鉄道(JR四国)と駅レンタカー四国と連携し、4月25日から四国地区で鉄道利用とカーシェアリングを組み合わせた「レール&カーシェア」事業を3社で開始した。
タイムズカーシェアはJR四国グループで所有・管理している主要駅付近の駐車場にカーシェア車両を配備し、カーシェアサービスを提供するだけではなく、6月からはタイムズカーシェアにその場で入会できる「無人入会機」を高松駅や松山駅に設置するなど、鉄道とカーシェアリングをシームレスに利用できる「レール&カーシェア」環境を整備し、利便性の向上を目指している。

カレコがまたまた新車種を導入。
今度は、スズキの人気車種「ジムニー」とボルボの「V60」、「XC90」。

カレコ・カーシェアリングクラブは今期も新車種の導入に積極的で、4月にスズキの人気車種「ジムニー」とボルボの「V60」と「XC90」の導入を開始した。
今回導入された「ジムニー」は、昨年20年ぶりにフルモデルチェンジした本格的な四輪駆動車。発売開始直後から売れ行きも好調な人気モデルだ。カレコ・カーシェアリングクラブは今後もカーシェアリング用車両として人気車を積極的に導入していくことで、利用者の増加につなげていく考えだ。
また、今回導入されたボルボの「V60」と「XC90」は、ボルボ・カー・ジャパンによって提供された車両だ。ボルボ・カー・ジャパンは都市圏を中心にカーシェア事業を展開するカレコ・カーシェアリングクラブに車両を提供することでボルボ車の試乗機会創出を狙っている。
今回導入するジムニーは、車体色「ジャングルグリーン」「ブリスクブルーメタリック」「キネティックイエロー」の3台。車種クラスはプレミアムクラスを適用する。ボルボの「V60」(プレミアムクラス)と「XC90」(プレミアムプラスクラス)は、それぞれ1台をセルリアンタワー(東京都渋谷区)のステーションで運用する。

日産自動車が生活協同組合連合会大学生協事業連合と連携。
若年層の運転機会創出のために「eシェアモビ」のサービスを拡充。

日産自動車は若年層の運転機会を創出するために、生活協同組合連合会大学生協事業連合と連携し、カーシェアリングサービス「eシェアモビ」のサービスを拡充した。
まず東京都、神奈川県内にある2大学の生協で4月11日から入会促進活動を開始。生協のカウンターで入会した学生には、3500円分無料利用できる特典コードを配布し、利用のきっかけをつくっている。今後もステーション数の多い東名阪エリアを中心に順次、連携する大学生協を拡大する予定とのことだ。

ページトップへ