「大学生のカーシェアリングに対する意向調査」アンケート結果

カーシェアリング利用経験のある大学生はわずか6.1%。
しかし、40.2%がカーシェアリングに「興味がある」と回答。

「カーシェアリング比較360°」は、全国の大学生を対象に「カーシェアリングに対する意向調査」を行いました。
「カーシェアリング」は都市部を中心に急激に浸透し、利用者は既に約50万人に到達。カーシェアリングを提供している事業者は全国で30社以上に上り、ますます活況を呈しています。
またカーシェアリング提供各社は通常料金より安価な「学生プラン」を設け、大学生の利用機会づくりにも積極的に取り組んでいます。
昨今「若者のクルマ離れ」が叫ばれるなか、車の利用頻度やマイカー所有に対する意向はどうなのか、大学生は“カーシェアリング”という真新しいサービスをどう捉えているのか、そもそもカーシェアリングを認知しているのかなどを知ることで、これからのカーシェアリングのあり方の検討や価値伝達方法を探るためにこの調査を実施いたしました。

このほど、そのアンケートの調査結果がまとまりましたので概要を発表させていただきます。

今回のアンケート調査に尽力してくれたのは、日頃、カーシェアリング比較360°で大学生に対するカーシェアリングの訴求活動を行っているこのお二人。
二人には、調査結果に対するコメントももらいましたので、併せてご覧ください。

横浜の某大学に通うKさん
ダンスはプロ並みです。

都内の某大学に通うYさん
実は運転が得意なんです。

「大学生のカーシェアリング意向調査アンケート」結果

大学生の運転免許所有率は68.3%とやや低め。車の利用頻度は「月1日以下」の学生が58.9%。ただし、将来はマイカー所有を希望。

<1> 大学生の「普通自動車免許」取得状況

大学生の運転免許所持率は68.3%。調査対象においては、3人に1人は運転免許を取得していないことがわかった。
また、運転免許を持っていない大学生のうち約26.9%は、「運転免許の取得予定が無い」と回答。
やはり「若者のクルマ離れ」は実際のものであることが浮き彫りになった。

<2> 自動車の利用状況

「運転しない」、「月1日以下」と車との利用頻度が低い大学生が58.9%を占めている。
対して週1日以上利用している大学生は23.2%と全体の4分の1以下に留まった。
大学生の運転頻度の低さは、車の必要性や興味関心の低さを如実に示しているものと思われる。
必要性や興味関心が低い分、運転技術が未熟な大学生が増えているともいえるのではないだろうか。

<3> マイカー所有の意向

大学生の90.2%が「将来マイカーが欲しい」と考えており、現時点ではあまり車を必要としていないものの将来的にはクルマを持ちたいと考えている大学生が大半であることが明らかになった。

同じ大学生の立場としては、むしろ「免許持ってる人って結構多い!?」って思いました。
東京とか横浜だと普段の生活でクルマが無くて困ることが少ないので、運転免許の優先度はあまり高くないですから。
割とみんな大学卒業までに一応免許を取っておくってくらいの感じですしね。

「将来マイカーが欲しい」派が多いのは、すごく共感できました。今は車よりも他に必要なモノや欲しいモノがあるけれどもいつかはお気に入りの愛車を持ちたいと思います。車への興味というよりも、「マイカーのある暮らし」への憧れっていうところもあるんじゃないでしょうか。

ページトップへ