カーシェアはガソリンがタダ!その理由は?

カーシェアリングは一切ガソリン代はかかりません。また、レンタカーのようにガソリンを満タンで返す必要もありません。でも、なぜガソリン代がタダなのでしょう?給油はどうすればいいのでしょう?
ここでは給油の方法や利用料金に含まれる費用についてご説明します。

給油の費用負担はゼロ

レンタカーの場合、ガソリンを満タンにしてからクルマを返す必要がありました。そのため、給油しようにも営業所の近くにガソリンスタンドがなくて困ったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。しかも、最近では消費税と環境税のダブル増税でガソリン価格が高騰。いざ満タン給油してみたら、結構な金額になってびっくりしたという方も多いと思います。

でも、カーシェアリングなら大丈夫。カーシェアリングでは、基本的にガソリンを満タンにして返却する必要はありません。ガソリンスタンドを探すために無駄な時間を使うこともないので、とても便利です。
また、カーシェアリングでは、ガソリン代が利用料金に含まれていますので、利用料金とは別にガソリン代を支払う必要もありません。

では、カーシェアリングを利用しているときに、ガソリンがなくなりそうになってしまったらどうすればいいのでしょうか?代金を立て替えて給油をしなければならないのでしょうか?
ご安心ください。ガソリンが減ってきた場合は、基本的に車内に備え付けられたクレジットカードを使って給油することになります。給油の目安は各社によって異なりますが、ガソリンの残量が1/3以下になったら、次の利用者のことを考えて給油することをおすすめします。

大手3社の給油について

給油専用カードの設置場所や給油ができるガソリンスタンド、給油による割引サービスは各カーシェアリング事業者により異なります。ここでは、代表的な3社(タイムズカーシェア、オリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ)の「給油」についてご紹介します。

タイムズカーシェア オリックスカーシェア カレコ
給油カード場所 サンバイザーケース サンバイザーケース 社内マニュアルのホルダー
給油できるガソリンスタンド
  • – ENEOS
  • – 出光興産
  • – コスモ石油
  • – エッソ・モー・ビル・ゼネラル
  • – キグナス石油
  • – 太陽石油
  • – ENEOS
  • – コスモ石油
  • – 昭和シェル石油
  • – エッソ・モー・ビル・ゼネラル
  • – ENEOS
  • – コスモ石油
  • – 昭和シェル石油
  • – エッソ・モー・ビル・ゼネラル

ガソリン代以外に、何が利用料金に含まれているの?

カーシェアリングを利用するためには、基本的に初期費用、月額基本料金、利用料金を支払う必要があります。
最近では初期費用や月額基本料金無料のカーシェアリング事業者も出てきましたが、一般的に初期費用、月額基本料金、利用料金には、以下の8つの費用が含まれています。

  • 1.ガソリン代(燃料費)
  • 2.自動車保険料
  • 3.車両代
  • 4.税金(自動車税他)
  • 5.整備・点検費用
  • 6.駐車場代
  • 7.維持費
  • 8.車内装備費

カーシェアリングの利用料金には、ガソリン代の他にも保険料など、自動車にかかるすべての費用が含まれているので、カーシェアリングの利用者は、初期費用と毎月の月額基本料金、利用料金の他に出費することはありません。

各社の「初期費用」、「月額基本料金」、「利用料金」を比較する