マナーを守って快適に!
【カーシェアリングのガソリン給油編】

カーシェアリングを利用する際、いざクルマに乗ってみると、
ガソリンの残量が少ないということがたまにあります。

カーシェアリングはレンタカーのように人的管理されているわけではないので、
乗り出し時にいつもガソリン満タンの状態であるわけではありません
カーシェアリングでは、利用者の誰かが給油を行わなければならないのです。

以前、「マナーを守って快適に!【カーシェアリングのお掃除用品編】」でも書きましたが、
車内を清潔に保つことも、次の人のためにガソリンを入れておくことも、
利用者相互の協力によって行っていかなければなりません。

「シェア=協力」は個人の金銭的負担を軽減してくれますが、そのメリットを享受するためには、好き勝手に利用するのではなく、他の利用者のことを考えて利用するのでなければならないでしょう。

「シェア=協力」の輪はつながっています。利用者同士が思いやりを持って使えば、みんながいつも快適にクルマを使うことができます。

自分の次に利用する人が困ることがないように、ガソリンが減ってきたなと思ったら、しっかりと給油してから返却するようにしましょう!

ちなみに、各カーシェアリング事業者では、給油をした方に対して、利用料金の割引やクーポン贈呈など特典を用意しています。
ただし、事業者によってはコールセンターにTELを入れなければならないなど、手続きが必要となる場合もありますので、お忘れなく!

また、各社で給油のタイミングや提携ガソリンスタンドも異なります。

主要8社の「給油のタイミング」、「給油特典」、「給油後の手続き」、「提携ガソリンスタンド」についてまとめてみましたので、実際に給油する前にしっかりとチェックしておいてください。

カーシェアリング各社 給油のタイミング

主要8社 給油のタイミング
オリックスカーシェア 燃料が1/3以下になったら、サンバイザーケース(運転席頭上)内の給油カード(AMSカード)で給油
ホンダ エブリゴー 燃料計が半分程度に減ったら、車内に搭載された給油カードで給油
カレコ・カーシェアリングクラブ ガソリンメーターが残り1/2以下になったら、車内マニュアルにある「給油・洗車カード」で給油
カリテコ 燃料が3分の1以下になったら、車内の給油カードを使って給油
earthcar ガソリンメーターが半分以下になったら、キーボックスにある付属の給油カードを使用して給油
タイムズカーシェア 燃料計が半分程度に減ったら、車内に設置している専用の給油・洗車カードにて給油
エコロカ ガソリンが1/2以下になったら、グローブボックス内のガソリンカードで給油
D-シェア 1/2以下になったら、車内の給油カードで給油

給油のタイミングは各社によって異なりますが、ガソリンが半分以下になったら給油を推奨している事業者が多いようです。

カーシェアリング各社 割引特典

主要8社 給油特典
オリックスカーシェア 15分間分の時間料金をサービス(ただし各種長時間パック利用時は適用外)
ホンダ エブリゴー 200Km以上走行し、ガソリン満タンで返却すると合計金額から200円の割引が適用
カレコ・カーシェアリングクラブ 20L以上かつ満タン給油の場合、翌月以降の利用料金として使える300 円分のクーポン(6か月間有効)プレゼント
カリテコ コンパクト・ミドルクラスで20リットル以上、ミニクラスで10リットル以上給油すると、翌月の利用料金より「15分間分料金を値引き」
earthcar なし
タイムズカーシェア 20リットル以上の給油で30分の料金を割引
エコロカ なし
D-シェア 利用料金から200円分控除(ただし、パック利用の場合は対象外)

特典があるところもあればないところもあるなど、事業者によってかなり異なります。
各社とも、給油特典は利用料金からの「値引き」です。
ガソリンを入れるという次の利用者に対する配慮で「値引き」してもらえると、ちょっとお得感がありますね。

<関連記事>カーシェアはガソリンがタダ!その理由は?

カーシェアリング各社 給油後の手続き

主要8社 給油後の手続き
オリックスカーシェア 返却日の翌日までに「給油割引の申請」フォームから必要事項を入力するか、問合せ受付センターに給油した旨を連絡
ホンダ エブリゴー 詳細は車内に搭載された「ご利用マニュアル」を確認とのこと
カレコ・カーシェアリングクラブ 給油レシートに、会員ID を記入し、「給油レシート入れ」と書かれた透明のホルダーに収納
カリテコ 給油後にカリテコ・センターに電話連絡
earthcar なし
タイムズカーシェア なし(給油は自動検知)
エコロカ なし
D-シェア 給油後に大和リースのコールセンターに連絡

給油後の手続きも各社で異なりますが、
「給油自動検知」対応のタイムズカーシェアは「連絡なし」でも割引が適応されるので、連絡の手間が省けていいですね。

カレコ・カーシェアリングクラブも、給油レシートの裏面に会員IDだけ書いて社内マニュアルのポケットに入れておけばOKなので、手間暇がかからなくて便利です。

また、手続きしなくてはならないにしても、オリックスカーシェアは電話での申請だけでなく「給油申請フォーム」でも申請できますし、申請自体も翌日までに行えばよいので、利用中に時間を気にしながら電話連絡するのに比べて時間的猶予がある分、利用者にとってはありがたいと思います。

<関連記事>カーシェアは保険料もコミ!補償内容は?

カーシェアリング各社 提携ガソリンスタンド

主要8社 提携ガソリンスタンド
オリックスカーシェア ENEOS、コスモ石油、昭和シェル石油、Esso、Mobil(モービル)、ゼネラル
ホンダ エブリゴー 詳細は車内に搭載された「ご利用マニュアル」を確認とのこと
カレコ・カーシェアリングクラブ ENEOS、昭和シェル、コスモ石油
カリテコ ENEOS、宇佐美グループのガソリンスタンド
earthcar ENEOS、ESSO、Mobil、ゼネラル、出光興産、コスモ石油、昭和シェル、全農、伊藤忠エネクス、キグナス石油、太陽石油
タイムズカーシェア ENEOS、出光興産(昭和シェルSS を除く)、コスモ石油、キグナス石油、太陽石油
エコロカ 車載資料内に利用可能ガソリンスタンドの情報あり
D-シェア ENEOS、コスモ石油

オリックスカーシェアearthcarが提携ガソリンスタンドが多いですね。
提携数では開きがありますが、各社とも大手ガソリンスタンドと提携しているので、これならガソリンスタンド探しに手間取ることはないでしょう。
つまり、誰でも手軽に給油できるということですね。

各人が積極的に給油をすれば、他の利用者のためにもなりますし、自分のメリットにもなります。

自分も含め利用者みんなが気持ちよく利用できるためにも、ガソリンが各社で設定している残量になったら、皆さん積極的に給油しましょう!