カーシェアリングで憧れの高級車”ベンツ”に乗れる!【カーシェアで乗れる車種は?(3)】

ベンツといえば、高級車の代名詞的存在ともいえる車種ですが、そんな高級車ベンツに実はカーシェアで乗ることができます

ベンツ(メルセデス・ベンツ)とは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーが所有する乗用車、商用車のブランドです。

欧米では一般に「メルセデス」「メルセデス・ベンツ」と呼ばれることが普通ですが、日本ではメルセデスを省略して「ベンツ」と呼ばれることが多いですね。

そんなベンツは今でも人気が高く、2020年の世界での総販売台数は220万台を超えましたが、そんなメルセデス・ベンツの特徴と魅力は、まずなんといっても、内装の高級感と上質感であると言えるでしょう。

例えば、本革シートや木目パネルなど内装のどれをとっても、細かなところまで高級感と上質感が現われています。

また、シンプルなのに決して退屈なデザインではなく、ラグジュアリー感とスポーティ感がうまく融合したエクステリアデザインも、ベンツの特徴でもあり魅力であると言えるでしょう。

そして、ベンツの人気を不動なものにしているのが、その信頼性と安全性です。

最近でこそどの車にも採用されて通常装備となったエアバッグや衝突安全ボディですが、それらを最初に取り入れたのはベンツですし、現在ではさらに最新技術や安全装備を取り入れ、運転者や同乗者を事故や衝突時の衝撃から守ってくれます。

他にも、乗り心地の良さや走行性能の良さなど、様々な特徴と魅力を備えたメルセデス・ベンツ。

そんな魅力的なベンツにカーシェアで乗ることができます。

カーシェアリングといえば、コンパクトカーという認識が一般的ですし、実際に現在でもカーシェア車両のコンパクトカー比率は高いのですが、しかし、最近は各カーシェア事業者が車種展開にも力を入れているので、カーシェアリングでは様々な車種に乗ることができるようになっています。

例えば、ベンツ以外にもカーシェアではSUVやミニバン、ステーションワゴン、さらにはBMWなどベンツ以外の輸入車(外車、外国車)や高級車に乗ることができます。

でも、すべてのカーシェア事業者でベンツに乗れるわけではありません。

どのカーシェア事業者ならベンツに乗ることができるのでしょうか。

憧れのベンツに乗ってデートやドライブをお考えの方に、今回は「カーシェアで乗れる車種は?」の第3回目として、ベンツに乗ることができるカーシェア事業者とベンツの利用料金についてご紹介します。

ベンツに乗ることができるカーシェアリング事業者は?

卓越した安全性能から今でも高い人気を誇る高級車メルセデス・ベンツ。

そんな高級車の代名詞とも言えるメルセデス・ベンツには、どこのカーシェアリング事業者で乗ることができるのでしょうか。

現在、ベンツに乗ることができるカーシェアリング事業者は、カレコ・カーシェアリングクラブとAnyca(エニカ)とアースカーの3事業者です。

この3事業者の中でも、特にベンツの車両台数が多いのが、カレコ・カーシェアリングクラブとAnyca(エニカ)です。

カレコ・カーシェアリングクラブは、国内第2位のシェアを誇るカーシェアリング事業者で、三井のリパークを中心に、ステーションを展開しています。

AnycaはDeNA SOMPO Mobility が運営する、C to C カーシェア(個人間カーシェア)で最大手のカーシェアリングサービスで、個人間カーシェアだけでなく、Anyca公式のAnyca Official シェアカーも運営しています。

では、カレコとAnyca(エニカ)のメルセデス・ベンツの車両台数は何台なのでしょうか?

<カレコとAnyca(エニカ)のメルセデス・ベンツ車両台数>

カーシェア事業者 ベンツ車両台数 内訳
カレコ 11台 メルセデス・ベンツ5台、メルセデスAMG6台
Anyca(エニカ) 333台 メルセデス・ベンツ315台 メルセデスAMG18台

カレコは、主に首都圏で集中的にステーションを展開している一般的なB to C型のカーシェアですが、カレコのようなB to C型のカーシェアでも東京(6台)、神奈川(2台)、千葉(1台)、大阪(1台)、京都(1台)でベンツに乗ることができます。

Anyca(エニカ)は、メインが個人間(C to C)カーシェアですので、全国各地でベンツに乗ることが可能です。

カーシェアで乗れるベンツのクラスは?

メルセデス・ベンツと一言にいっても、AクラスからSクラスまで様々です。

ご存知の方も多いと思われますが、ベンツのクラスには大きく分けてA、B、C、E、G、Sの6種類があります。

A、B、C、E、G、S のAからアルファベット順が進むにつれてランクと価格が高くなり、GとSが同列の最上位クラスです。

では、カーシェアではどのクラスのベンツに乗ることができるのでしょうか?

<カーシェアで乗れるベンツのクラス>

カーシェア事業者 乗れるクラス
カレコ Bクラス(5)、BクラスAMGライン(6)
Anyca(エニカ) Aクラス(14)、Bクラス(4)、Cクラス(43)、Eクラス(39)、Gクラス(17)、Sクラス(19)、その他(197)
※カッコ内は台数です。

カレコで乗ることができるベンツのクラス・車種はB180とB180AMGラインです。

Anyca(エニカ)は、C to Cカーシェアだけあって、乗れるクラス・車種も多彩です。

すべてのクラスのベンツに乗ることができます。

またAnyca(エニカ)では現行のモデルではない、多様な車種のベンツに乗ることもできます。

カーシェアのベンツの利用料金は?

Anyca(エニカ)の場合、個人間カーシェアがメインなので、料金設定はオーナーによってかなり異なります。

また、クラスや年式などによっても料金は変わってきます。

平日24時間で、2,000円台から14,000円台で利用することができます。

ランクが高いクラスのベンツでも平日24時間で1万円前後で利用できるので、かなり安い料金でベンツに乗れるといえます。

では、カレコの方はどうでしょうか。

カレコで乗れるメルセデス・ベンツB180とB180AMGラインは、カレコの車種クラスではプレミアムクラスに設定されています。

カレコの一般的なベーシックプランの会員がプレミアムクラスの車種を利用した場合は、以下の料金になります。

<カレコでベンツを利用した場合の料金>

利用時間 ベンツ利用料金
10分 270円
6時間まで 7,600円
12時間まで 9,000円
24時間まで 11,000円
距離料金 6時間以内の予約・利用の場合 0円

6時間を超える予約・利用の場合 18円/1㎞

いかがでしょうか?

Anyca(エニカ)よりもカレコの方が若干高めですが、しかし、どちらの事業者でもかなりお得にベンツを利用できます。

レンタカーでもベンツは借りることができますが、レンタカーですと6時間で約1万円の利用料金が発生します。

それに比べて、カーシェアなら24時間利用しても1万円ちょっとですので、レンタカーに比べてもカーシェアの方がお得にベンツに乗ることができるといえます。

カーシェアリングでベンツに乗ろう!

今回は、ベンツに乗れるカーシェアリング事業者とカーシェアでベンツを利用した場合の料金についてご紹介しました。

憧れのベンツでドライブすれば、かなり気分も高まると思います。
ドライブやデートの際は、ぜひカーシェアでベンツに乗ってみてください!

また、カーシェアリングは試乗者としても活用できます。

カーシェアリングなら、ベンツの購入を考えている場合、気兼ねなく長時間じっくりと試乗体験することができるというメリットがあります。

ベンツの購入は決して安い買い物ではありません。
購入をお考えの方は、失敗しないためにも、ぜひじっくりカーシェアでベンツを試してみてください。

<参考:試乗車にも使える!カーシェアリングの賢い活用法【1】