Anyca(エニカ)のB to C型カーシェア「Anyca Official シェアカー」を調べてみたら、料金がお得だった!

みなさんはAnyca Official シェアカーをご存知ですか。

株式会社DeNA SOMPO Mobilityが運営するAnyca(エニカ)については、知っているという人も多いと思います。

Anyca(エニカ)は、個人間カーシェアとして有名ですね。

では、Anyca Official シェアカーとは、何なのでしょうか?

Anyca Official シェアカーは、個人間カーシェアではありません。

Anyca Official シェアカーとは、株式会社DeNA SOMPO Mobilityが所有し、0円マイカーオーナーの駐車場に駐車しているシェアカーです。

簡単にいうと、個人の駐車場に駐車していますが、会員ならば誰でも利用することができるAnyca公式のカーシェアということになります。

ところで、このAnyca Official シェアカーの特徴を調べてみると、タイムズカーやカレコなどの一般的なカーシェアと比べて利用料金がお得であることが分かりました。

では、どれくらいお得なのでしょうか?

今回はAnyca Official シェアカーのサービスや料金体系、特徴について解説します。

Anyca Official シェアカーとは?


すでに説明したように、Anyca Official シェアカーとは、株式会社DeNA SOMPO Mobilityが運営するAnyca公式のカーシェアです。

タイムズカーやカレコなどの一般的なカーシェアと異なるところは、コインパーキングではなく、個人が所有する(借りている)駐車場に駐車しているという点です。

0円マイカーオーナーと呼ばれる個人の駐車場に駐車されているのですが、0円マイカーオーナーとは、DeNA SOMPO Mobilityのクルマを管理することを条件に、DeNA SOMPO Mobilityに駐車場を提供することで、購入費0円でマイカーのように使えるクルマをDeNA SOMPO Mobilityから貸与してもらっている人のことです。

0円マイカーオーナーは貸与されたクルマを一定回数無料で利用することができますが、オーナーが使用していない空き時間はAnyca会員がカーシェアとして使うことができるというわけです。

しかも、オーナーとは対面なしの無人受渡し(免許証で解錠) で、カーシェアを利用することができます。

15分前からの直前予約も可能で、Anycaならではの高級車はもちろん、様々なタイプの車種を1時間から利用することができます。

以下に、Anyca Official シェアカーの特徴をまとめてみます。

<Anyca officialシェアカーの特徴>
・ 非対面で貸出、返却ができる(免許証で施錠・解錠)
・ 1時間〜の短時間利用OK
・ 15分前からの直前予約が可能
・乗れるクルマは高級車、コンパクトカー、ミニバンなど、 Anycaならではの豊富な車種

Anyca officialシェアカーは、一般的なカーシェアと同じように気軽で便利に利用できるカーシェアだといえます。

Anyca Official シェアカーの最大の特徴は料金のお得さ!


Anyca Official シェアカーの最大の特徴は、一般的なカーシェアサービスと比べて、料金がお得に設定されていることです。

例えば、日産キューブに乗れるカジュアルクラスなら、1時間500円で利用することができます。

しかも、距離料金は無料です。

一般的なカーシェアでキューブクラスのクルマを利用すると800円くらいですから、Anyca Official シェアカーの料金はかなりお得であると思います。

また、カジュアルクラスの車種を6時間利用した場合の料金は、2,500円です。

しかも、6時間利用しても距離料金は無料です。

一般的なカーシェアサービスの場合、6時間利用すると4,000円以上かかりますので、Anyca Official シェアカーの利用料金はなかなかお得だと言えると思います。

Anyca Official シェアカーがどれくらいお得かを、タイムズカーと比較してみます。

Anyca Official シェアカーのカジュアルクラスと同クラスは、タイムズカーではベーシッククラスになりますので、カジュアルクラスとベーシッククラスで比較します。

<Anyca Official シェアカーとタイムズカーの料金比較>

利用時間 Anyca Official シェアカー

カジュアルクラス

タイムズカー

ベーシッククラス

1時間 500円 880円
6時間まで 2,500円 4,290円
12時間まで 4,000円 5,500円
24時間まで 5,000円 6,600円
36時間まで 8,000円 8,800円
距離料金

6時間パックまで無料

12時間パックから16円/1㎞

6時間まで無料

6時間以上利用で利用開始時からの走行距離に対して16円/1㎞

タイムズカーは2021年4月から、6時間以上の長時間利用でこれまでより平均28%値下げしています。

それにもかかわらず、Anyca Official シェアカーの方がお得なわけですね。

Anyca Official シェアカーがお得なのは、これだけではありません。

Anyca Official シェアカーには、月額固定費もないんです。

つまり、月額基本料金無料ということです。

タイムズカーは月額基本料金が880円ですから、月額基本料金がかからないという点でもAnyca Official シェアカーはお得ですね。

Anyca Official シェアカーはベーシッククラスがお得!


Anyca Official シェアカーがお得なのは、カジュアルクラスだけではありません。

Anyca Official シェアカーの目玉は、ベーシッククラスのお得さだといえます。

まず、カジュアルクラスも含めたのAnyca Official シェアカーの利用料金表を紹介しておきます。
<Anyca Official シェアカーの利用料金>

利用時間 カジュアルクラス ベーシッククラス プレミアムクラス ラグジュアリークラス
1時間 500円 800円 1,200円 1,500円
6時間 2,500円 4,000円 6,000円 8,500円
12時間 4,000円 6,000円 8,000円 12,000円
24時間 5,000円 8,000円 11,000円 16,000円
36時間 8,000円 12,000円 19,000円 28,000円

<Anyca Official シェアカーの距離料金>

利用時間 カジュアルクラス ベーシッククラス プレミアムクラス ラグジュアリークラス
ショート1時間 無し 無し 20円/1㎞ 20円/1㎞
6時間パック
12時間パック以降 16円/1㎞ 16円/1㎞

ベーシッククラスの料金は、一般的なカーシェアサービスにおける一番安価な車種クラスの料金(タイムズカーならベーシック)と変わりません。

一般的なカーシェアサービスですと、このクラスの車種はコンパクトカーがメインです。

しかし、Anyca Official シェアカーの場合、ベーシッククラスでは、例えばトヨタ 86(ハチロク)やスバル XVに乗ることができます!

ちなみに、トヨタ 86(ハチロク)はカレコならプレミアムクラスの車種になります。

Anyca Official シェアカーの料金設定は、本当にお得だと思います。

お得なのは、ベーシッククラスだけではありません。

プレミアムクラスの車種は、アウディQ2、トヨタアルファード/ランドクルーザープラド、レクサスNX、Mercedes-Benz GLAクラス、ホンダS660(MUGEN RA)になりますが、これらの高級車を12時間で8,000円で利用できるわけです。

ちなみに、ラグジュアリークラスの車種は、トヨタスープラ、Mercedes-Benz Gクラスです。

Gクラスのベンツが6時間8,500円!

かなりお得な料金設定ですね。

もちろんAnyca Official シェアカーの特徴は、お得な料金設定だけではありません。

利用者目線のサービスもAnyca Official シェアカーの嬉しいところです。

例えば、ショートプランで5時間分予約して、3時間半しか利用しなかった場合、実際に返却した利用時間(4時間分)のみの請求となります。

Anyca Official シェアカーでは、ショートは1時間単位で課金されるので、3時間半利用しても4時間分の料金になりますが、しかし、5時間分丸々請求されないのはとっても良心的ですね。

Anyca Official シェアカーの「弱点」は?

こんなにお得なAnyca Official シェアカーですが、Anyca Official シェアカーにも「弱点」がないわけではありません。

Anyca Official シェアカーの最大の弱点。

それは、ステーション数が少なく、約70箇所しかないという点です。

しかし、Anyca(エニカ)では、Anyca Official シェアカーだけでなく、個人間カーシェアも利用することができます。

C to CのAnycaには、登録台数1万6千台以上ありますし、こちらもお得な料金で利用することができますので、お近くにAnyca Official シェアカーがない場合は、個人間シェアカーのAnycaを利用するのがおすすめです。

また、Anycaは月額基本料金が無料なので、とりあえずアプリで会員登録だけをしておいて、オリックスカーシェアタイムズカーなどの他のカーシェアサービスと併用するという使い方もできると思います。

Anyca Official シェアカーを利用するためには?


こんなにもお得なAnyca Official シェアカーを利用するためには、どうしたらいいのでしょうか?

まずは、自身のスマホに「Anyca」アプリをインストールする必要があります。

そして、アプリインストール後に、ドライバー登録をしなければなりません。

アプリ上で必要な情報を入力すれば、Anyca Official シェアカーを利用することができます。

利用手順は以下の流れになります。

<Anyca Official シェアカーの利用手順>

1.アプリから”Anyca Official シェアカー”を予約
アプリから Anyca Official シェアカーを予約します。
Anycaのアプリでは、個人間カーシェアも予約・利用できますが、「Officialシェアカー」マークがついているクルマがAnyca Official シェアカーの目印です。
最速15分後の予約から可能です。予約したらすぐに利用できます。
※実際の利用までに、ドライバー登録が完了している必要があります。
2. シェア開始日時までに受渡場所へ向かう
シェア開始日時までに、クルマの受渡場所へ向かいましょう。
シェア開始日時の15分前から、クルマの解錠が可能になります。
3. シェア開始日時になったら、免許証をかざしてクルマを解錠
リアウィンドウのカードリーダーに、免許証をかざしてクルマを解錠し、
乗車します。
4. キーボックスから鍵を取り出して、ドライブへ出発
助手席のグローブボックス内にあるキーボックスから、クルマのキーを取り出します。
5. ドライブ中の注意事項
【ドライブ中にクルマから離れる場合】
ドライブ中にクルマから離れる場合は、クルマのキーでドアをロックし、カードリーダーを使用したロックは行わないでください。【返却期限に遅れそうな時は】
アプリからシェア期間を変更できます。
返却期限を過ぎると超過料金が発生しますので、ご注意ください。
6. 給油について
給油はグローブボックス内にあるマニュアルまたは運転席側のサンバイザーに挿入されている専用クレジットカードを使用して給油します。

Anycaでは、次の利用者が快適にクルマを利用できるよう、ガソリン残量が半分以下になったら給油の協力をお願いしています。

給油できるガソリンスタンド一覧
・ENEOS
・エッソ
・モービル
・ゼネラル
・コスモ
・昭和シェル

7. 返却期限までに、受渡場所にクルマを返却
返却期限までに受渡場所へ戻りましょう。
駐車場にクルマを駐車し、グローブボックス内のキーボックスに鍵を刺して、
返却方向に回してください。
鍵を返却したら、リアウィンドウのカードリーダーに免許証をタッチして、クルマを施錠します。
8. クルマを返却後、アプリから請求金額をお知らせ
アプリ内のお知らせから、請求金額を確認できます。

以上が、Anyca Official シェアカーの利用の流れです。

Anyca Official シェアカーでカーシェアを賢く利用!


上記で解説したように、Anyca Official シェアカーなら、カーシェアをかなりお得に利用できます

現在、3密回避などの新た恣意生活様式が求められていますが、カーシェアなら他人と接触することなく、移動することが可能です。

安心・安全の移動手段として、ぜひAnyca Official シェアカーを利用してみてはいかがでしょうか?