国内初、ワンウェイ(乗り捨て)方式のカーシェアリング「smaco(スマコ)」が、9月1日より横浜で始動!

※スマートワンウェイカーシェアリング「smaco」は、2015年9月末日返却分をもって運用終了となりました。

本日、カーシェアリングの大きな発展を予感させるプレス会見が、六本木の東京ミッドタウン「Mercedes me」で行われました。

メルセデス・ベンツ日本株式会社オリックス自動車株式会社アマノ株式会社の3社の業務提携により、国内初、ワンウェイ方式の「スマート ワンウェイ カーシェアリング」、通称「smaco(スマコ)」が、9月1日から神奈川県横浜市市内の8ステーションで開始されます。

「smaco(スマコ)」では、メルセデス・ベンツのクルマ作りのノウハウが凝縮されたオシャレなマイクロコンパクトカー「スマート電気自動車」が20台導入され、アマノグループのアマノマネジメントサービス株式会社が運営する横浜市内全8カ所の駐車場(カーステーション)を拠点に、オリックス自動車の「オリックスカーシェア」がカーシェアリングサービスを提供することになります。
IMG_0794

<関連記事> オリックスカーシェアの料金・サービス詳細 | カーシェアリング比較360°

人気の最新50%OFF以上
「車&バイク」関連商品一覧はこちら。

Amazonで詳しく見る

<「smaco(スマコ)」のサービス概要>

  • サービス名称:「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(愛称「smaco(スマコ)」)
  • 期間:2014年9月1日~2015年3月31日(7か月間)
  • 貸出開始日:2014年9月1日予定
  • 貸渡・返却場所:横浜市内の8カ所のステーション(駐車場)
    センター南駅、横浜駅西口駅前、新横浜駅前、日吉駅前、慶応大学付近、あざみ野駅近郊 住宅街、たまぷらーざ駅前、みなとみらい 赤レンガ倉庫付近、元町中華街
  • 対象エリア:走行エリアの制限なし。ただし、貸出・返却は上記ステーションのみ。
  • 使用車両:スマート電気自動車20台(乗車定員2名)

※スマートワンウェイカーシェアリング「smaco」は、2015年9月末日返却分をもって運用終了となりました。

本日行われたこの発表。
カーシェアリング業界でも大変注目されているのですが、なにが注目されているのかというと、「ワンウェイ」という従来とは異なるカーシェアリングの方式にあります。
これまでのカーシェアリングは「ラウンドトリップ」と呼ばれる方式で、カーシェアを利用した後、出発したカーステーションにクルマを返却しなければなりませんでした。
しかし、ワンウェイ方式の「smaco(スマコ)」は、出発したステーションではなく、予約時に選択した別のステーションに返却できるようになるのです。
photo02

<関連記事> 乗り捨てってできるの? | カーシェアリング比較360°

<「smaco(スマコ)」の利用について>

  • 1、会員登録:ご利用前に「オリックスカーシェア」へ会員登録
    「オリックスカーシェア」のホームページから24時間いつでも登録可能です。
  • 2、ICカードの到着:会員登録後、約1週間でICカードが届きます。
  • 3、クルマの予約:「オリックスカーシェア」のPC・携帯サイト、またはスマートフォンアプリから予約できます。
    予約時に「出発ステーション」と「返却ステーション」を指定します。
    利用する30分前から予約することができます。
  • 4、乗車(利用):予約時間に予約したカーステーションに行き、クルマにICカードをかざすだけでOKです。
  • 5、ご利用料金:時間料金15分200円/距離料金無料
    (「時間料金15分200円」は、個人Aプランの料金になります。)
    長時間パックの利用はできません。

<関連記事> 入会するにはどうすればいい? | カーシェアリング比較360°

<「smaco(スマコ)」ステーション所在地>

image140725_ORIXJ

スマート ワンウェイ カーシェアリング「smaco(スマコ)」は、オリックスカーシェアの会員になれば、誰でも利用することができます。
すでに会員の方は、特に手続き不要で9月1日から利用することが可能です。

<関連記事> ステーション検索|カーシェアリング比較360°

「smaco(スマコ)」のコンセプトは、「スマート(smart)をシェアし、スマートと一緒に(co)横浜の街をより便利により楽しく移動していただく」こと
「sumaco(スマコ)」には、まさにワンウェイ方式ならではの便利さがたくさんあります。
例えば、「新横浜」近辺に住んでいる方が、「元町中華街」へ食事に出かけようとした場合。
これまでのカーシェアリングでは、「新横浜」⇒「元町中華街」⇒「新横浜」というように、目的地に着いた後、出発ステーションまで戻ってきて返却しなければなりませんでした。
しかし「smaco(スマコ)」では、「元町中華街」で返却することができるので、「元町中華街」までカーシェアで行き、返却。「中華街」でお酒を飲んで、帰りは公共交通機関を使って帰るということもできるのです。

また、これまでのように出発ステーションに帰ってくるまでクルマを借りておく必要もないので、料金面でも無駄なく利用できると言えます。
こうした、「smaco(スマコ)」なら、まさに横浜の街を「便利に楽しく移動」できるといえるのではないでしょうか。

ワンウェイ式のカーシェアリングが普及すれば、公共交通機関とカーシェアリングを組み合わせ(レール&カーシェア)て使うことで、通勤やお出かけ、デート、レジャー、観光で便利で賢い移動が可能になります。
また、渋滞の緩和やCO2排出量の削減も期待することできるので、環境保全にも貢献することになります。
さらに、ワンウェイ方式の「smaco(スマコ)」を、従来のラウンド方式のカーシェアリングと合わせて利用すれば、これまでよりもより便利で、賢いカーライフを満喫することができるのではないでしょうか。
「smaco(スマコ)」の発表は、まさに「新しいカーライフスタイルの誕生」を告げているといえるかもしれません。
photo01
まだオリックスカーシェアの会員になられていない方は、「smaco(スマコ)」体験のためにご入会してみてはいかがでしょうか。

これから「オリックスカーシェア」に入会してみたいという方はこちらから>>>

※スマートワンウェイカーシェアリング「smaco」は、2015年9月末日返却分をもって運用終了となりました。