セルフ引っ越しに最適!タイムズカープラスが「NV350キャラバン」追加

NISSAN_NV350_CARAVAN_front

3月、4月は、もっとも引っ越しが盛んなシーズン。
転勤が決まったり、マンションの契約満了で別のところへ引っ越しを考えている人も少なくないでしょう。この時期、引っ越し業者にお願いをすると、かなりの高額な見積を請求されてしまうことかと思います。

私は、何ーかと引っ越しする機会が多く、何回も業者さんにお願いをしているのですが。やっぱり、高いと感じてしまうことが多く(一回で18,000円〜)、「こんなに高いんだったら、自分でやった方が安くついていいんじゃないか・・・。」と思ってしまうことがあります。

この春、そんな「セルフ引っ越し」にチャレンジしたいという方にオススメなのが「タイムズ カープラス」の日産NV350です!
このたび導入された日産のビジネスバン「NV350キャラバン」は、荷物の積載に特化した大型の車両で、タイムズカープラスが提供している車種の中では最も大きなサイズとなります。
2017年現在は、埼玉・東京・京都・大阪の4都府県、8ステーションへ設置されています。

■導入ステーション ※設置台数は、各ステーションに1台ずつ(都府県/ステーション/住所)
・埼玉県 IKEA新三郷ステーション        埼玉県三郷市新三郷ららシティ2-2
・東京都 IKEA立川ステーション         東京都立川市緑町6
タイムズ幡ヶ谷2丁目第2ステーション 東京都渋谷区幡ヶ谷2-43
タイムズポート荏原ステーション    東京都品川区荏原2-4-46
新宿サブナード駐車場(中央)     東京都新宿区歌舞伎町1-2-2
タイムズ新砂1丁目ステーション    東京都江東区新砂1-6
・京都府 タイムズ五条室町ステーション     京都府京都市下京区室町五条下る大黒町193
・大阪府 タイムズ長堀橋南ステーション     大阪府大阪市中央区島之内1-20

<関連記事>タイムズ カープラスの詳細情報はこちら

人気の最新50%OFF以上
「車&バイク」関連商品一覧はこちら。

Amazonで詳しく見る

カーシェアで本当に引っ越しできるの?

AKANE072160353_TP_V

1分単位から借りることができるカーシェアは、どちらかといえば、ちょっとした買い物や移動に使うというイメージが強いですよね。
「引っ越しのような大作業がカーシェアで本当にできるの?」
「レンタカーを利用するよりも、高くつくんじゃないの?」
安心してください。このカーシェア「NV350キャラバン」、引っ越しには最適なスペックとなっているんです!

荷室空間3050mm、使い勝手のいいホイールハウス形状。

NISSAN_NV350_CARAVAN_front

NV350キャラバンは、引っ越しのために生まれたといっても過言ではないレベル。とにかくたくさん積載できるのが特徴で、ダンボール8箱くらい余裕で詰めこめるそうです。また、NV350はホイールハウス形状となっていて、ホイールハウスの上面が水平だから、棚や机などの設置が簡単。荷物をぴったり敷き詰められるので、たくさんの荷物を一気に運べます。

運転にも支障なし。シートは5分割で倒せるようになっていて、幅を取ってしまう荷物を収納しても、セカンドシートに1人座ることができます。荷物の量や、乗車人数に合わせて柔軟に対応できるので、友達に引っ越しを手伝ってもらう時なんかにも便利ですよね。

気になる料金は?

carshare.001
※ 『トヨタレンタカーハイエースの料金表』を参照

NV350キャラバンはタイムズカープラス料金プラン「ベーシッククラス」に当たります。これは206円/15分から借りることができるプランで、一般的なレンタカーを借りるよりも、断然安いです!さらにいうと、タイムズカープラスの6時間パックは、距離料金がかからないので、6時間以内のセルフ引越しであれば、もっと大きな差がつきます。

ただ、カーシェアなので、もちろん、レンタカーのように、引越し後にそのまま入居先の近くに乗り捨てというわけにはいきませんし、導入ステーションもまだ少ないです。そういう意味では、英便性では、レンタカーに軍配が上がるかもしれません。タイムズカープラスのNV350は、短時間でとにかく安くセルフ引越しをしたいという人にオススメです。ガソリン満タンで返さなきゃいけないレンタカーと比較すれば、圧倒的に節約できますね。

セルフ引越しで気をつけたいポイント

PASONA_4_TP_V

セルフ引越しはなにからなにまで、自分で手配してやらなければなりません。準備を怠っていると、直前になって大きなミスを犯してしまいがちです。
そこで、セルフ引越しで気をつけておきたいポイントを説明していきたいと思います。

① 荷造りを早めに終わらせ、荷物の整理整頓

セルフ引越しの場合は、「準備」が鍵となります。
引越し業者にお願いするのであれば追加料金を支払えば、ある程度何でも運んでいってもらえますが、セルフ引越しをする場合は車に載せられる積載量や、一人が一日で運べる荷物の量が時間的にも体力的にも限られてしまいます。

いざ引越しすることが決まったら、スケジュールを早めに立てて進めていかなくてはなりません。そのためには、荷物の整理整頓を行ない、時間や人手が大体どれくらい必要になるのかを計算してい九必要があります。
また、荷物にはどんなものが入っているのかダンボールで目印をつけておくと、中身によって注意を払うことができ、入居先での仕分けにも便利でしょう。

② 他人の目を気にしない

引越し先が、マンション(集合住宅)だった場合。セルフ引越しは、建物の目の前に駐車して、エレベーターを何度も占領したり、音も結構出てしまうかもしれませんよね。

そんなわけで、セルフ引越しをすると、住人さんからは注目を浴びてしまいがち。「何で、あの人、引越し業者使わないんだろう・・。」なんて不思議がられてしまうかもしれません。人の目を気にしていたら、セルフ引越しはできません。
とはいえ、最低限、引越しをしても問題ない時間かどうか、迷惑をかけるような行為はしていないかなと配慮する必要があります。

③ 体調管理・水分補給を忘れずに

そして、なんといってもセルフ引越しは体力勝負なので、前日は早めに就寝し、当日はこまめに休息を取りながら仕事をすすめましょう。

普段は持たない重たい荷物を運んだり、慣れない車の運転をすることは、そうじゃなくても、事故が起こりがちです。怪我をしてしまったり、建物を傷つけてしまってはセルフ引越しで節約しても元も子もありません。

体調管理に十分、気を使いながら、セルフ引越しを成功させてください。

カレコもハイエース車を追加、引っ越しにも使えそう!

image_campingcar

国内No.3のカレコ・カーシェアリングクラブも、3月17日よりハイエースをベースにした「キャンピングカー」をラインナップに追加。こちらも大型車で、オートキャンプにはもちろん、今回のように引っ越しにも大活躍しそうですね。

<関連リンク>carecoのカーシェアリングお得な入会キャンペーン

どんどん増えていくカーシェアを使うと便利になるシーン。
利用用途に応じて、車種を使い分けるのも、カーシェアならではの楽しみですね!