マイカーからカーシェアリングに転向する前に知っておくべき5つのこと

カーシェアリング・デビューする人の中には、永年の「マイカー生活」に別れを告げて「カーシェアへ転向」するなんてケースも増えているようです。

「思い返せば、週末くらいしかクルマに乗る機会がない」

「実は、必ずしもマイカーがなくても移動手段はなんとかなると思う」

「駐車場代、保険代、税金、車検代・・・など考えるとそろそろ・・・」

特に今年3月からのコロナ禍においては、経済的な負担や不安から、それに拍車がかかり、マイカーを売却して家計を見直そうか!?
なんてことを真剣に考えている人も結構いると思われます。
「カーシェアリング」は、上手に使えばとても便利で、合理的な仕組みです。
また、エコカーやEVカーが広がれば、環境改善にもつながるとてもよいサービスなのです。

コスト面では、カーシェアが圧勝

カーシェアとマイカーのコストの比較は、以下の通りです。
コスト面では、年間で5,000km、10,000km走行のいずれでの場合も、いわずもがなカーシェアの圧勝です。

<カーシェア VS マイカーの費用比較:年間で5,000km走行の場合>

  • カーシェア:「オリックスカーシェア」個人Aプランに入会し、車種スタンダードクラスを利用。
  • マイカー:「マツダ デミオ」(1,500CC)を購入して所有。
    燃費:20.6km/L(郊外モード)
カーシェア マイカー
月額基本料 840円
※利用料に充当されるので、実績0円
年間の維持費・利用料 ※利用料金(210円/15分)/距離料金(16円/km)
1)30分を12回:210円×2×12=5,040円
2)1時間を6回:210円×4×6=5,040円
3)12時間を2回:5,200円(12時間パック)×2=10,400円
4)1)~3)の距離料金:16円×5,000km=80,000円
1)ガソリン代(120円/L):約3万円
2)駐車場代:36万円
3)自動車税:34,500円
4)任意保険:5万円
5)車検代:約5万円/年
※2年に1回につき半金のみ計算
その他諸経費 洗車・タイヤ交換・オイル交換:2万円
年間費用 100,480円/年 544,500円/年

<カーシェア VS マイカーの費用比較:年間で10,000km走行の場合>

  • カーシェア:「オリックスカーシェア」個人Aプランに入会し、車種スタンダードクラスを利用。
  • マイカー:「マツダ デミオ」(1,500CC)を購入して所有。
    燃費:20.6km/L(郊外モード)
カーシェア マイカー
月額基本料 840円
※利用料に充当されるので、実績0円
年間の維持費・利用料 ※利用料金(210円/15分)/距離料金(16円/km)
1)30分を24回:210円×2×24=10,800円
2)1時間を12回:210円×4×6=10,800円
3)12時間を4回:5,200円(12時間パック)×4=20,800円
4)1)~3)の距離料金:16円×10,000km=160,000円
1)ガソリン代(120円/L):約6万円
2)駐車場代:36万円
3)自動車税:34,500円
4)任意保険:5万円
5)車検代:約5万円/年
※2年に1回につき半金のみ計算
その他諸経費 洗車・タイヤ交換・オイル交換:2万円
年間費用 180,800円/年 574,500円/年

このように、経済的な面については、「マイカー」から「カーシェア」に切り替えることで、大幅な節約を図ることができます。金額にして、年間40万円以上。これに加えてマイカーの購入費も含めて考えれば、かなりの節約になります。

一方、「マイカー」のよさは、自分の所有物として、いつでも、自由に車を利用することができるという点です。カーシェアのような予約や規約といった制限を受けることは、一切ありません。

「カーシェア」は、これまで「マイカー」を持っていなかった人にとっては、行動範囲が広がったり、移動方法が効率されたり、週末が楽しくなったりと、日常生活に新しい便益を与えてくれます。
仮に入会してあまり利用する機会がなかった場合には、カンタンに解約することも出来ますし、費用負担のリスクもそうあまり高くはありません。

ただ、「マイカー」から「カーシェア」へ転向をする場合は、「カーシェア」がすぐさま「マイカー」の代替手段として効力を発揮してもらう必要がある訳です。
そしてマイカーを売却、保険を解約、駐車場を解約した後では、そうカンタンに後戻りはできません。

というわけで、、、、

「マイカーからカーシェアリングに転向する人にまず知っておいてもらいたい5つのこと」
まとめました。

その1:いつでも必ずクルマを借りられる訳でない

複数人で一台のクルマをシェアして利用するわけですが、当然いつでも借りたいときに必ず予約が取れるわけではありません。
ステーションによって状況は異なりますが、例えば、週末はなかなか予約が取りづらいなんてケースもあり得ます。

  • 毎日の通勤や通学用に使いたい
  • 毎日決まった時間にお子さんの送迎がある
  • 毎週末必ず買い物に行かなければならない

という用途にはあまり向いていません。

その2:いつでも万全に快適というわけではない

これはいつもそうである、というわけでないのですが、カーシェアリングを使っていると、車内が少し汚れていたり、捨て忘れのゴミが放置されていたりなんてこともたまにはあります。
また、ガソリンがほとんど残っていなくて、想定外にガソリンスタンドに立ち寄ることになり
スケジュール通りに行動できなかったなんて経験もするかもしれません。

あとは、決められた場所に本来あるはずの備品が置いてないときなど、ちょっと焦ります。
レアケースだと思いますが、駐車場のパスカード(駐車場の入出場のためのカード)が、なかなか見当たらず、後部座席に放置されていたという経験があります^^;

このあたりは、前に乗車していた人のモラルの問題なのですが、無人サービスであるが故に、いつでも万全の状態というわけではありません。

その3:季節・天候によっては少し億劫な気持ちになる

雨の日、寒い日、暑い日・・・・・。
マイーカー時代の駐車場よりもステーションの場所が遠い場合は、やはり「マイカーの方が良かったなぁー」なんて、クルマを取りに行くのがちょっと億劫(おっくう)になることもあります。

特に、それまでマンションのすぐ隣や地下にマイカーの駐車場があった人などはて遠くて不便に感じるものです。
まずは、近隣のカーシェアステーションが、どこにあるのか、どれくらいの距離があるのか事前にしっかりチェックしておくことをおすすめいたします。
お近くのカーシェアステーションを探す>

その4:ある日突然ステーションが無くなることもある

実はこんなこともあり得ます。
ケースとしては、利用率が上がらず採算の取れなくなったステーションの廃止や移動。
または、単純に駐車場自体が閉鎖になることからステーションも一緒に廃止せざるを得ない
などです。
他に代替となる別のカーシェア会社のステーションがあればよいですが、近隣にまったくステーションがない場合には、もう手も足もでません。

その5:何かちょっとしたことがあったときに少々焦る

これはマイカーではないので、いた仕方がないことなのですが、カーシェアという「無人のレンタカーサービス」は、気軽・気楽である反面、何かちょっとした困ったことがあったときに、少々焦ります。

  • 車内に忘れ物をしたまま施錠をしてしまった。
  • 車種が変わってエンジンの変え方など操作方法がよくわからない。
  • 駐車場内の車庫の場所がわからなくなってしまった。

落ち着いて、カーシェア会社のサポートセンターへTELをすれば、なんてことはないのですが、その場で自分で解決しようとすると意外とテンパります(笑)
特に慣れるまでは、小さな失敗はあるかもしれません。

マイカーを手放す前に、まずは試してみましょう

というわけで、

マイカーからカーシェアリングに転向する場合には、これらのことをよく理解されたうえで
じっくりと考えることをおすすめいたします。

まずはマイカーを売却する前に、近隣のカーシェアリングに入会してお試しになるとよいと思います。
実際に、カーシェアリング体験をしてみて

「やっぱり、マイカーの方がいい」

と思うか。

あるいは

「カーシェアリングで充分!」

と感じるかどうか。

ご家族でしっかりと話し合ってから、後悔がないように「カーシェアリング・デビュー」くださいませ(^^)

「カーシェアリング比較360°」では、
そんなマイカーからのお試し入会にもピッタリな初期費用が無料になるキャンペーン実施中です!
カーシェアリング各社とタイアップの「カーシェアリング比較360°」専用プランです。
いずれも期間限定ですので、お早めにお申込みください!

hack_orix_banner

<オリックスカーシェア:カーシェアリング比較360°専用プラン>
「初期費用」+「月額基本料 2ヶ月間無料」+「3時間無料チケット☓2ヶ月分」