「チョイモビ ヨコハマ」が横浜市でいよいよ始動!【超小型モビリティを活用したワンウェイ型大規模カーシェアリング】

 「チョイモビ ヨコハマ」は、日産自動車と横浜市が協働で進める「ヨコハマモビリティ”プロジェクトZERO“(YMPZ)」の一環として、両者が中心となり、「低炭素交通の推進」、「都市生活・移動のクオリティアップ」、「観光の振興」を目的に、約1年間の期間限定で実施されるプロジェクト。

この取り組みは、国土交通省の「超小型モビリティ導入促進」事業の支援を受けて運用されるものだそうです。

導入される車両は、超小型EV「日産ニューモビリティコンセプト」!

10月11日からのスタート時は、横浜市内約45箇所のカーステーションで30台。
期間内に、100台規模まで拡充される模様。
昨年10月から豊田市でも、乗り捨て型のカーシェアリングサービス「ハーモ・ライド」が実証実験として始まっていますが、
100台規模となる超小型EVのカーシェアリングは、日本初の取り組みだそうです。

<「チョイモビ」料金体系>

  • 入会金・年会費:無料
  • 基本料金:1分毎に20円
  • サービス開始:2013年10月11日

<「チョイモビ」利用までの流れ>

  1. 専用サイトから会員申請。
  2. 会員登録完了後、安全運転講習会を予約し、約60分の講習を受講。
  3. 受講後、会員カードを取得し、利用開始。

<「チョイモビ ヨコハマ」実施概要>(以下、日産自動車9/25ニュースリリースより抜粋>

(1) 実施期間:2013年10月11日(金)から約1年間
(2) 運用車両:「日産ニューモビリティコンセプト」 100台予定
※運用車両は30台で開始し、期間内に約100台に増車予定
(3) 貸渡返却拠点(カーステーション):横浜駅・みなとみらい・関内を中心とした70箇所予定
※約45箇所で開始し、期間内に70箇所に拡大予定
※カーステーションの詳細については「チョイモビ ヨコハマご利用のご案内」またはhttp://www.choi-mobi.comを参照ください。
(4) 走行範囲:横浜市内
※高速道路や自動車専用道路は走行できません。
(5) 利用料金:20円/分 ※入会金・月額基本料金は無料
(6) 利用までの流れ:

このカーシェアリング・システムは、既存サービスとは少し様相が異なり

  1. 超小型EV(日産ニューモビリティコンセプト)
  2. ワンウェイ型
  3. 1分単位の料金課金システム

が大きなポイント。

まさに、ちょこっと借りて、

さくっと好きな場所で返せる

新しいカーシェアリングの試みだといれます。
ランドマークの多い横浜というロケーションにもマッチしていると思います。
横浜観光にめいっぱい活躍しそうですね。

話題の証拠型EV  日産ニューモビリティコンセプトに乗ってみたい!という理由だけでも入会される方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。

私もぜひ入会してこのブログでレポートしたいと思います(^_-)-☆