最近話題のカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」とは?スポーツカーにも乗れる個人間カーシェアリング!

ディー・エヌ・エー(DeNA)が2015年9月から開始した、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)
最近、カーシェアリング業界ではかなり話題になっていますが、皆さんはご存知でしょうか?

タイムズ カー プラスオリックスカーシェアなどの従来のカーシェアリングは、事業者が用意したクルマを会員が利用するというサービスでしたが、「Anyca(エニカ)」は文字通り個人間でクルマの貸し借り(シェア)を行えるカーシェアサービスです。

「Anyca(エニカ)」には、これまでのカーシェアリングサービスにはなかった嬉しい点がいくつかあります。

というわけで、今回は、DeNAの新サービス「Anyca(エニカ)」の特長について見てみたいと思います。

<関連記事> カーシェアリングを探すなら! | カーシェアリング比較360°

人気の最新50%OFF以上
「車&バイク」関連商品一覧はこちら。

Amazonで詳しく見る

個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」とは?

anyca2

「Anyca(エニカ)」とは、“乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリです。

自分がクルマ使っていないときは使いたい人にシェアしたい「オーナー」と、クルマを使いたい「ドライバー」をマッチングしてくれます。

会員登録や月額基本料は無料(なし)!
必要なのは、利用料金だけです!

利用の仕方も、とてもカンタンです。

まずはスマホにアプリをダウンロード&会員登録した後、場所・日時・車種からクルマを検索して、「予約リクエスト」を行うだけ。
オーナーがリクエストを「承認」すると、予約が確定します。

オーナーになるのも、面倒な手続きはありません。
クルマの登録や条件の設定はすべてスマホからできるので、カンタンにオーナーになることができます。

料金の支払いも事前に登録したクレジットカードによる決済なので、オーナーとドライバーの間で面倒な現金のやり取りを行う必要がなく、カンタンで安心です。

これまでも「CaFoRe(カフォレ)」など、個人間のカーシェアリングサービスはいくつかありましたが、「Anyca(エニカ)」の便利な点は、スマホですべてが完結すること。

利用したい人にとっても、オーナーにとっても、「Anyca(エニカ)」はかなり手軽なカーシェアサービスだと思います。

<関連記事> カーシェアリングのメリットって何? | カーシェアリング比較360°

保険も自動加入だから、カンタン&安心♪

「Anyca(エニカ)」には、万一の事故に備えて1日単位の自動車保険に加入することになります。

予約が確定すると自動的に保険に加入する仕組みなので、手続きの手間はかかりません。

補償内容は、対人・対物無制限。

車両補償やロードアシストサービスもついているので、オーナーも利用者も安心してシェアすることができます。

もちろん、保険会社のサポートは、24時間365日対応です。

個人間のカーシェアだと「トラブルもあるのでは?」と心配される方もいると思いますが、「Anyca(エニカ)」にはオーナーを評価するレビュー機能があり、利用者は過去の評価を確認できるため、トラブルを未然に防ぐことができます。

「Anyca(エニカ)」は、安心・安全面をしっかりとカバーした個人間カーシェアサービスだといえますね。

ポルシェから旧車まで、個性的な車に乗れる「Anyca(エニカ)」♪

anyca3

タイムズやオリックス、カレコでは、現在様々な車種を導入しているものの、コンパクトカーの比率が高いのに対して、様々なオーナーのクルマを利用できる「Anyca(エニカ)」では、車種も多種多様です。

現在、東京を中心に200台以上が登録されていますが、利用者は一般的なセダンやコンパクトカーはもちろん、高級外国車やスポーツカー、さらにはポルシェや旧車まで、気分やシチュエーションに合わせて好きなクルマを利用することができます。

今後、オーナーがどんどん増えていけば、乗れる車種もどんどん増えていくので、クルマ好きにはたまらないサービスだと思います。

マイカーを保有していたとしても、「Anyca(エニカ)」なら会員登録&月額基本料無料で乗ってみたかったクルマに乗れるので、クルマ好きの方はぜひ登録&利用してみてはいかがでしょうか?

<関連記事> 保険はどうなっているの?補償内容は? | カーシェアリング比較360°

これまでステーションがなかったエリアでも利用可能!?

現在、主要8社(※)のステーションは全国で9,000箇所以上ありますが、こうしたカーシェアリング事業者によるカーシェアリングサービスにおいて、利用需要が低いエリアにステーションが開設されることはほとんどありませんでした。

しかし、「Anyca(エニカ)」はオーナーが登録さえすれば、そのエリアでカーシェアを利用することができるので、これまでカーシェア事業者がカバーしきれていなかったエリアでカーシェアを利用できる可能性があります。

まだ、登録台数は200台くらいなので、利用需要が低かったエリアをカバーしきれていませんが、「Anyca(エニカ)」はオーナー登録がカンタンなので、今後は利用できるエリアもどんどん増えていくのではないでしょうか。

※主要8社は、「カーシェアリング比較360°」に掲載しているタイムズカープラス、オリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ、エコロカ、カリテコ、アースカー、カー―シェアリング・ワン、D-シェア。

<関連記事> ステーション検索|カーシェアリング比較360°

今後は「スマートキー」デバイスも導入予定!

現在、「Anyca(エニカ)」では、アプリでドアの開閉が行えるようになる「スマートキー」機能を搭載したハードウェアデバイスを開発中とのこと。

10月中には一部のオーナーに対して試験的に無料レンタルを開始するそうです。

「Anyca(エニカ)」でスマートキーデバイスを取り付けた車両が増えていけば、利用も手軽になります。

今後の「Anyca(エニカ)」に期待ですね。

【関連記事】カーシェアリングはホントにお得? | カーシェアリング比較360°