カーシェアリング市場動向(2013年第三四半期:主要8社)

設置車種も多様化。
主要8社合計車両台数は、遂に10,000台を突破!

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」(http://www.carsharing360.com) が、カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要8社)によると、2013年第三四半期(2013年7月〜9月)のステーション数は2013第二四半期に比べ6.4%増加、ステーション車両台数は8.8%増加していることがわかった。

第二四半期の増加率(対第一四半期 ステーション数:9.5%増、同車両台数:11.9%増)に比べ、やや鈍化したものの、堅調に伸長を続けている。サービス提供会社間ではばらつきはあるものの、今後も引き続きインフラ拡大基調はつづくものと思われる。
前期同様に当該期間においても、ステーション数の伸び率よりも車両台数の伸び率が2.4%大きく、これは稼働率の高いステーションへの設置車両の増車によるものであり、1ステーション当たりの利用者数・利用頻度が着実に増えているともいえる。また上位陣はハイブリッド車、SUV、外車の導入など設置車種のバリエーション展開にも積極的であり、これまでコンパクトカーが定番だったカーシェアリングに選択肢の幅が広がってきている。

主要8社のステーション数、車両台数の推移は以下の通り。

1) サービス提供会社別 ステーション数推移(主要8社 2013.7〜2013.9)

2) サービス提供会社別 車両台数推移(主要8社 2013.7〜2013.9)

3) 都道府県別 ステーション数推移(主要8社 2013.7〜2013.9)

4) 都道府県別 車両台数推移(主要8社 2013.7〜2013.9)

ページトップへ