カーシェアリング市場動向
2019年総括版:主要6社 – 2019年主要トピックス

車両台数は、前年より約5,000台増加!
ステーション数も、前年より約2,000箇所増加!
ステーション数・車両数とも、前年同様の高い伸長率で安定成長を持続!

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」(https://www.carsharing360.com)が、カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要6社)によると、2019年12月時点のステーション数は2018年12月時点に比べ13.2%増加、ステーション車両台数は15.9%増加していることがわかった。

2018年の対前年伸長率(ステーション数:14.2%増加、ステーション車両台数:19.0%)に比べて、2018年はステーション数、ステーション車両台数ともに伸長率が若干低かったものの、順調に拡大が続いている。また2018年と同様、ステーション数に比べると車両台数の伸長率が大きく、ステーション単位での利用者数や利用頻度は引き続き増加しているものと思われる。

カーシェアの利用者数は2019年6月時点で160万人を突破し、2019年中に180万人に達したものと思われるが、詳細な実数については、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団発表を待ちたい。
主要6社のステーション数は17,000箇所を突破し、2018年12月末から約2,000箇所増加した。また車両台数は約5,000台増加しており、35,000台を超えた。

各サービス提供会社の状況としては、2018年7月に会員数100万人を達成した首位「タイムズカーシェア」が2019年も好調を維持し、ステーション数13,017箇所、車両台数27,457台にまで増やした。業界2位の「カレコ・カーシェアリングクラブ」は、前年と比べステーション数で16.1%増、車両台数で20.7%増となり、昨年と比べると拡大の勢いは落ち着きを見せたものの、主要6社の中ではステーション数、車両台数ともに最大の増加率あった。

また、2019年は消費税増税に伴って、各事業者がサービスの変更を伴う料金改定を行ったことも大きなトピックであった。(「消費税増税に伴う各事業者の動き」についてはこちら)。この料金改定に合わせて、利用者視点のサービスを新たに追加する事業者も見られるなど、2019年も特に上位3社が業界をけん引し、サービス内容の充実化に注力した。これにより、消費者にとってはますますカーシェアリングを利用しやすい環境が整ったといえる。

2019年は、ステーション数・車両台数ともに2018年同様の高い伸長率で安定成長を持続した年でもあった。 上記と重複する内容もあるが、ここで2019年を総括してみよう。

【2019年主要トピックス】

1.ステーション数は13.2%、車両台数は15.9%伸長!
前年同様の高い伸長率を持続し、市場はますます成長

2.カーシェア利用者数全体では160万人を突破!
200万人へカウントダウン!

3.消費税増税に合わせて各社ともに料金を改定!
消費者目線の新たなサービスを開始する事業者も!

4.DeNA SOMPO Mobilityが「Anyca Officialシェアカー」のサービスを開始!
カーシェア用の自動車を無料で貸与!

5.自動車メーカー各社がカーシェア市場に続々参入!
サービスは各社で多種多様!