カーシェアリング市場動向
2021年総括版:主要6社 – 2021年主要トピックス

ステーション数は横ばい、車両台数は減車に転じる。
カーシェア・インフラ整備は、二年連続で鈍化。

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」(https://www.carsharing360.com)が、カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要6社)によると、2021年12月時点のステーション数は2020年12月時点に比べ2.0%増加、ステーション車両台数は0.7%減少していることがわかった。

2020年の対前年伸長率(ステーション数:2.1%増加、ステーション車両台数:0.2%増加)に引き続き、2021年もステーション数、ステーション車両台数ともに低調に推移した年となった。これには、業界大手のタイムズカーシェアの車両台数とオリックスカーシェアのステーション数・車両台数がマイナスに転じたことが大きく影響している。

各サービス提供会社の状況としては、首位「タイムズカーシェア」がステーション数で伸長率(0.9%)は下げたものの、13,257箇所と112箇所増やしている。対して、車両台数は587台減らしており、26,622台となった。業界2位の「カレコ・カーシェアリングクラブ」は、大手3社の中で唯一ステーション数・車両台数ともに順調に伸ばし、前年と比べステーション数で15.6%増、車両台数で13.3%増となっている。業界3位の「オリックスカーシェア」は、大手3社の中で唯一ステーション数・車両台数とも昨年を下回り、ステーション数が-12.1%、車両台数が-14.2%であった。

カーシェアの利用者数は2021年3月時点で約225万人まで到達。2021年末に250万人に達したものと思われるが、詳細な実数については、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団発表を待ちたい。 主要6社のステーション数は約18,500箇所と、2020年12月末から364箇所増加した。一方、車両台数は251台減少しており、前年同様の約35,000台に留まり、前年から二年連続でステーション数・車両台数の伸びが鈍化した。

2021年は、前年に引き続き新型コロナウイルスによる外出自粛や生活様式の変化の影響を受けた年であったが、カーシェア会員数は堅調に伸びてお各社とも、感染症対策として車内に除菌スプレーを搭載する等、新しい生活様式に対応したサービス提供が標準化された。

上記と重複する内容もあるが、ここで2021年を総括してみよう。

【2020年主要トピックス】

1. ステーション数は2.0%増、車両台数は-0.7%と減車に転じる

2. オリックスカーシェアが料金改定とサービス内容を変更

3. カレコ・カーシェアリングが名古屋市内で本格サービス開始!
地方都市へのエリア拡大に積極姿勢

4. Anyca(エニカ)が個人間カーシェア専用保険を開発!
安心安全の取り組みをまとめた「Anyca Safety Vision」も公開