カーシェアリング市場動向(2017年第一四半期:主要5社)

主要5社合計車両台数は22,000台を、
合計ステーション数は12,000箇所を突破!

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」( http://www.carsharing360.com ) カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要5社)によると、2017年第一四半期(2017年1月〜3月)のステーション数は2016年12月末に比べ3.8%増加、車両台数は5.6%増加していることがわかった。

2016年第四四半期(対2016年第三四半期 ステーション数:4.0%増、同車両台数:4.6%増)比較すると、今期はステーション数の伸び率が若干減少したものの、車両台数の伸び率は増加する結果となった。

タイムズ カー プラス、オリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ、カリテコ、アース・カーの主要5社における合計ステーション数は12,245箇所となり、12,000箇所を突破。車両台数も22,384台となり、22,000台を突破した。特にタイムズ カー プラスの増加が著しく、約910台の増加となった。前期同様、今期もタイムズ カー プラスとカレコがステーション数、車両台数ともに順調に数を増やしており、この2社のステーション拡大基調は続くものと思われる。

その他の話題としては、2017年第一四半期においてもカレコは新車種の導入に積極的で、3月には「ハイエース」をベースにしたキャンピングカーを導入した。また、タイムズ カー プラスは引っ越しなどにも使用できる「NV350キャラバン」を導入した。他にも、第二四半期のトピックスではあるが、4月に15周年を迎えたオリックスカーシェアが、個人Aプランの月額基本料金を2,000円から980円に値下げし、さらにカーシェアリングを利用しやすい環境が整ったといえる。2017年第二四半期も、カーシェアリング市場動向からますます目が離せない。

主要5社のステーション数、車両台数の推移は以下の通り。

1) サービス提供会社別 ステーション数推移(主要5社 2017.1〜3)

2) サービス提供会社別 車両台数推移(主要5社 2017.1〜3)

3) 都道府県別 ステーション数推移(主要5社 2017.1〜3)

4) 都道府県別 車両台数推移(主要5社 2017.1〜3)

ページトップへ