カーシェアリング市場動向 (2017年総括版:主要8社)

2017年主要トピックス(1/3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国47都道府県すべてにステーション設置が完了!
ステーション数・車両数は、前年同様に高い伸長率で安定成長を持続。
カーシェアリング利用者100万人時代へ突入!

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」(https://www.carsharing360.com)が、カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要5社)によると、2017年12月時点のステーション数は2016年12月時点に比べ16.8%増加、ステーション車両台数は21.8%増加していることがわかった。

2016年の対前年伸長率(ステーション数:17.5%増加、ステーション車両台数:24.0%)に比べて、2017年はステーション数、ステーション車両台数ともに伸長率が若干低かったものの、順調に拡大が続いている。また2016年と同様、ステーション数に比べると車両台数の伸長率が大きく、ステーション単位での利用者数や利用頻度は引き続き増加しているものと思われる。

カーシェアの利用者数は100万人の大台を突破し、120万〜130万人程度に達したものと思われるが、詳細な実数については、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団発表を待ちたい。
主要5社のステーション数は13,000箇所を突破し、2016年12月末から約2,000箇所増加した。また車両台数は4,000台以上増加しており、25,000台を超えた。

各サービス提供会社の状況としては、2017年3月に会員数が約78万人まで到達した首位「タイムズ カー プラス」が今期も好調を維持し、2017年には20,000台にまで増やした。業界3位の「カレコ・カーシェアリングクラブ」は、前年と比べステーション数で45.4%増、車両台数で59.5%増と昨年同様の大幅な増加を記録し、業界2位の「オリックスカーシェア」に肉薄する勢いを見せるなど、カーシェアリング業界は話題に事欠かない1年であった。

また、カーシェアリング日本初の事業化から15年目を迎えた業界パイオニアの「オリックスカーシェア」は、これまで月額2,000円で提供していた個人Aプランの料金を980円に値下げし、「タイムズ カー プラス」は9月7日に佐賀県に新規ステーションをオープンしたことにより全国47都道府県においてステーション設置を実現、「カレコ・カーシェアリングクラブ」は三井不動産リアルティによる吸収合併により関西エリアに進出するなど、大手3社ともサービス内容の充実化に注力した。これにより、消費者にとってはますますカーシェアリングを利用しやすい環境が整ったといえる。

2017年は、ステーション数・車両台数ともに昨年同様の高い伸長率で安定成長を持続した年でもあった。
上記と重複する内容もあるが、ここで2017年を総括してみよう。

1.ステーション数は16.8%、車両台数は21.8%伸長!
前年同様の高い伸長率を持続し、市場はますます成長

2.大手三社の会員数が100万人を突破!
カーシェア利用者数全体では推定120万〜130万人規模へ

3.タイムズ カー プラスが佐賀県に新規ステーションをオープン
業界初、全国47都道府県すべてにステーションを配備!

4.オリックスカーシェアが個人Aプランの月額基本料を51%値下げで980円に!
カレコは料金プランを見直し!

5.カレコ、三井不動産の吸収合併によりカーシェア事業を加速的に拡大!
関西エリアにもサービス展開を開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ