カーシェアリング市場動向 (2016年総括版:主要8社)

2016年主要トピックス(1/3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会員数は90万人を突破!?
ステーション数・車両数は、前年よりも高い伸長率で成長を持続!
利便性向上により、いよいよカーシェアリング利用者100万人時代へ。

カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」(http://www.carsharing360.com)が、カーシェアリング市場を独自に集計したデータ(主要5社)によると、2016年12月時点のステーション数は2015年12月時点に比べ17.5%増加、ステーション車両台数は24.0%増加していることがわかった。

2015年の対前年伸長率(ステーション数:15.5%増加、ステーション車両台数:22.0%)に比べて、2016年はステーション数、ステーション車両台数ともに伸長率が高まり、順調に拡大が続いている。また2015年と同様、ステーション数に比べると車両台数の伸長率が大きく、ステーション単位での利用者数や利用頻度は引き続き増加しているものと思われる。

カーシェアの利用者数は90万人を突破し、100万人に到達したものとみられるが、詳細な実数については、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団発表を待ちたい。
主要5社のステーション数は11,000箇所を突破し、2015年12月末から約1,700箇所増加した。また車両台数は4,000台以上増加しており、21,000台を超えた。

各サービス提供会社の状況としては、2014年に車両台数10,000台の大台に乗せた首位「タイムズ カー プラス」が今期も好調を維持し、2016年には16,000台にまで増やした。業界3位の「カレコ・カーシェアリングクラブ」は、前年と比べステーション数で53.3%増、車両台数で79.2%増と大幅な増加を記録し、業界2位の「オリックスカーシェア」に迫る勢いを見せるなど、カーシェアリング業界は話題に事欠かない1年であった。

また、カーシェアリングサービスの開始から14年目に入った業界パイオニアの「オリックスカーシェア」は、加熱式たばこ「IQOS」専用の車両を導入、「タイムズ カー プラス」はコンビニ駐車場での設置ステーションを拡大、「カレコ・カーシェアリングクラブ」は100台を超えるメルセデス・ベンツ車を導入するなど、大手3社ともサービス内容の充実化に注力した。利用ハードルの低下に加え使い勝手の良さや用途の拡大がなされたことにより、消費者にとってはますますカーシェアリングを利用しやすい環境が整ったといえる。

2016年は対前年比でステーション数・車両台数ともに伸長率が増加した年でもあった。
上記と重複する内容もあるが、ここで2016年を総括してみよう。

1.ステーション数は17.5%、車両台数は24.0%伸長!
前年より伸長率が高まり、市場はますます成長

2.市場規模はついに100万人超え!?
タイムズ カー プラスの会員数が60万人を突破

3.入会促進・利用促進ともに各種キャンペーンを展開
カレコ、「月会費1年間無料」で入会申込数が前年同期間の2倍に!

4.各事業者ともサービス内容の充実化に注力!
カーシェアリング“大サービス化時代”の幕開け

5.路上、コンビニ、空き家...。
ステーションの種類増加で、カーシェアリングがもっと身近に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ